夫が不審な行動をしているなら素行調査で悪行を晒しましょう

どれだけ固い絆や愛情で結ばれている夫婦関係であっても、そこには互いに隠し事がある場合も多く、それに対して大きな疑念が生じることもあるでしょう。とりわけ主婦という立場は夫に何かいつもと異なった点があるとすぐに気がつくもの。ちょっとした習慣や匂い、電話への対応、人付き合い、言葉遣いなど様々なところに異変を感じたならばそれは赤信号。それは何らかのやましいことに手を染めているからかもしれず、仕事面や交友関係などで一線を越えようとしているシグナルかもしれません。それらはいつしかあからさまな隠し事だったり、不審な人物が自宅に出入りしたり、夫の周囲に関係してくるようになる事態へとつながっていきます。

妻にとってはこのようなシグナルをいち早く察知し、夫を引き止めることこそ大切な役割と言えるでしょう。その意味でも何らかの異変を感じ取った際には探偵に素行調査を依頼すると良いでしょう。このような案件は個人がどれだけ一生懸命に裏を探ろうとしても限界が生じるもの。それに対して探偵は自らのネットワークを駆使して聞き込み、張り込み、尾行などを展開していきます。その中でもしも決定的な場面に遭遇したりした時には、カメラや音声レコーダーなどでしっかりと証拠を押さえることにも余念がありません。

妻にとっては夫を守ることも大切ですが、一方で子供たちを守ることも大切な役目です。夫が何らかの危険な案件に手を染めようとしているのであれば、その影響から子供たちを守らねばなりません。そのような意味でもいち早く異変の裏側に光を当てて、不安や疑念を払拭する必要があるのです。

Writen by 素行調査のやり方解体新書